製造工程

工房では、主に国産広葉樹(クルミ・桜等)を使い、伝統的工法を用いた家具製作をしております。
テーブル・椅子など家具全般をはじめ、木ベラや木皿などのキッチン小物から、オーダーキッチン・建具まで、オーダーメイドしております。

ここでは一例として、当工房で人気の高い『ハイスツール』の製作工程を紹介します。


1.木取り

ハイスツールに使う部材を木取りしていきます。
写真は座板・脚材・ヌキ材(足置き)に木取りし終えた所です。

2.座板加工

座板に墨付けし、角度を決めボール盤にて、
脚材のホゾ穴を開けます。

3.脚材加工①

座面にあけたホゾ穴に合うように、木工旋盤で丸ホゾを作ります。

4.脚材加工②

脚材の断面を、八角形に手鉋で仕上げます。

5.座板加工

荒削りした座面を、四方反鉋で形を整えていきます。


6.ステップ部加工

足をのせる為のステップ兼、構造上強度を持たせるためのヌキを、
南京鉋を使って仕上げていきます。

7.組立て

加工が終わった各部材にペーパーをかけ、組立てていきます。


8.塗装

組立てが終わったら、塗装していきます。
木目を生かす浸透性の自然塗料を、2回塗りします。

9.完成

塗料をしっかり乾かし完成です。











使い込むほどに色合いも濃くなり、光沢も出てきます。
経年変化を楽しむことができます。